株式会社などを設立する時には、ありとあらゆる手続きをすることになりますが、その中の一つであり手間もかかって知識が必要になるのが定款の提出です。

現在では時代の流れもあり定款を電子媒体で作成することも認めらるようになりました。電子定款で定款を提出することにより、印紙税がかからないというのは大きなメリットとなっています。しかし電子定款は、エクセルやワードなどで簡単に作成して提出できるということではありません。専用のソフトウエアや機器が必要となり、所有しているという人はほとんどいないのではないでしょうか。

作成に必要となるソフトや機器を全て揃えるとなれば、印紙代以上にお金がかかってしまったり、手間も増えてしまうことになります。それを避けるために役立つのが会社設立を専門としているプロに代行の依頼をするという方法です。会社設立代行サービスを実施している業者では、効率的に会社設立をするためのノウハウがあり、安心して任せることができるようになっています。

代行業者に委託するとなれば、もちろん費用が必要になりますが、中には一万円程度で行っている代行業者も存在しています。数万円かかったとしても、印紙税の分だけ安くすることができることや、自分で手続きをする手間が無くなると考えると、メリットが多いといえます。電子定款は素人が簡単に作成して提出できるものではなく、複雑なのでプロに任せるべきだということは頭に置いておくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *