会社設立をする際には、定款の提出が必須となります。

従来の紙による提出では、収入印紙代が必要となり四万円の負担となってしまいます。無駄な出費を少しでも避けるならば、電子定款で提出をするべきです。しかし電子定款の作成のためには専用のソフトウエアや機器が必要になり、持っていれば良いですが、持っておらず揃えるとなれば四万円以上のお金がかかります。お金だけではなく手間もかかることになり、仮にミスがあれば再提出のためには五万円が必要になってしまいます。

無駄な手間もお金を節約するために役立つのが、電子定款の代行を行っている業者などに依頼するという方法です。代行を行なっている専門家は、電子定款の代行だけではなくその他の会社の設立に必要な手続きの代行や、会社設立を行う上で気をつけた方が良い点を教えてくれたり相談に乗ってくれるというサポート体制も整っているので、頼りになります。

今や時代は代行サービスを行っている専門家はかなり豊富になっており、いざ依頼するとなればどこが良いかで悩むことになるのではないでしょうか。少しでも依頼費用が安いところが良いと考えてしまいがちですが、その他に契約をする必要があるところを選んでしまうと、結果的にトータル費用は高額になることもあるので、よく比較してから選ぶことが大切です。信頼できて安心して任せることができる、実績のある業者などに依頼するように心がけておくことも必須となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *