会社を設立する際には、ありとあらゆる手続きが必要になりますが、その中の一つであり複雑なものとなっているのが、定款の提出ではないでしょうか。

会社の規則である定款を設定することは法律で義務付けられており、従来は紙による提出しか選択肢がありませんでした。紙による提出となると、収入印紙代が必要となるので四万円の出費になってしまっていました。その無駄な出費をなくすことができるのが、近年生まれた電子定款という方法です。作成することで様々な手続きが簡略化できるなど、メリットは多岐に渡ります。

電子媒体において署名を行うことにより、複製や偽造などのリスクがかなり低いというのも大きな特徴であり電子定款ならではの利点です。確実に管理することができるなどの利点もありますが、その他にも大きなメリットとなるのは、マイナンバーと連動させることができるという点ではないでしょうか。電子定款は事業主のマイナンバーと連携される形となって管理されるので、従来の紙による提出のように戸籍謄本の提出などの手間が不要になり、手続きが簡略化されることにつながっています。

電子定款を作成して提出するためには、専用のソフトウエアや機器が必要になるので、持っていない人にとっては印紙代よりも高額な負担となってしまいます。その点の解決策としては、会社設立を専門としている代行業者などに依頼するという方法です。代行サービスを利用することによって、無駄な時間とお金の節約ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *