会社設立の際に欠かせない商業登記を司法書士に任せる場合には司法書士報酬と登録免許税が必要となります。

登録免許税はどの司法書士に依頼したとしても一定です。司法書士報酬についても、それほど差は見られないようになっていますのでまずは自分の住んでいる地域で活動する司法書士の費用について確認してみると良いでしょう。

相談は常に受け付けている司法書士が多く、非常に頼りになります。これから会社設立をしたいと考えているのであれば、まずは司法書士に依頼をしてみると良いでしょう。法律かとしては弁護士が知られていますが、商業登記を依頼するのは司法書士がベストです。

なぜならば、司法書士は登記業務を独占的に行っているからです。弁護士に頼んだとしても最終的に司法書士に依頼することになりますので、最初から司法書士に相談した方が良いのです。問い合わせをしたときにはトータルでどのくらいの費用がかかるのかを確認してみると良いでしょう。

丁寧に対応してくれる司法書士であれば、速やかに見積金額を示してくれるはずです。司法書士報酬を少しも支払いたくないと感じているのであれば、自分で商業登記に関する法律を勉強して自分で登記を行ってしまうのも方法としては考えられます。

ただし、費用は削減できても時間がかかってしまうので覚悟しておいた方が良いでしょう。スムーズに会社設立をしたいのであれば、司法書士のような専門家の力を借りることが欠かせません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *