会社設立のためにかかる費用は会社の規模によって異なるのはご存知でしょうか。

株式会社の場合では2018年現在の場合で200、300円、合同会社60、000円です。具体的には合同会社の場合には会社設立時に提出する定款認証が必要がなく、登録免許税がかかるだけなので株式会社よりも安く済みます。6万円という金額は資本金857万円以下の場合ですので、資本金がそれ以上の場合にはまた異なります。株式会社の会社設立費用は資本金2142万円以下の場合で定款認証が50、300円、登録免許税が150、000円となっています。

会社設立費用は株式会社・合同会社どちらも資本金・法定費用・印鑑証明書代などの雑費がかかります。安くすませたいと思った場合には法律では変えられない部分以外に注目すると良いでしょう。例えば印紙代などは紙の定款の場合では4万円かかりますが、電子定款の場合では0円です。

電子定款はICカードリーダライタなどの別の機材が必要となることもあるので、その金額も抑えたい場合には定款の電子認証を行政書士の方に依頼することで金額を抑えることができるサービスを利用しましょう。以前は有限会社もありましたが、2006年5月に廃止されていますので、現在は新たに設立が出来なくなっています。株式会社の方が一般に信用度が高く株式会社でないと許認可が下りない事業も存在していますが、合同会社は収益分配の自由度が高いというメリットもあります。状況に合わせて選んでください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *