新しく事業を行おうとした場合、会社を設立する事が必要になります。

設立には場所の準備や従業員の確保以外に登記を行う必要があり、これは自身で行う事もできますが素人には難しく手間のかかる事です。その為に専門家である司法書士がいます。司法書士は登記のプロと言われる法律専門家で、いくつかある法律専門資格の中で会社設立登記ができるのは司法書士だけと言えます。法律資格最高峰の弁護士も当然できます、登記業務に関しては司法書士の方が実績がありますので依頼するのは司法書士になります。

依頼すると費用も必要になり、報酬として10万円から20万円程になります。会社設立登記にかかる費用は報酬以外に印紙代など必要なものがあり、合計で30万円程かかります。その為費用を削減しようと自ら行う方も多いのですが、書類不備で計画していた事業開始日に開始できない事態も起こっています。スムーズに事業を開始する為にすべき事は登記だけではないので、人材集めや必要物品の用意等に力を注げるように、任せられる事は専門家に任せると良いでしょう。

司法書士事務所に依頼するのですが、ただスムーズに会社設立登記を行ってくれるだけではなく多くのメリットがあります。会社のルールを記した定款作成は後のトラブルを回避するのに重要なものです。素人が作成するとトラブルのリスクが高まりますので、専門家からアドバイスをもらう事が推奨されます。また司法書士事務所には税理士や社会保険労務士等在籍している場合も多く、税務や労務といった会社運営に必要な助言をプロから受ける事もできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *