代行会社に手続きを依頼すると、料金が発生するので手間は節約できてもコストは高くなるイメージがあるかもしれません。

しかし会社設立の手続きに関しては、費用も手間と同じように節約できるので、利用しないと損と言えるほど魅力的なサービスとなっています。代行を依頼したら会社設立の費用を節約できる理由は、電子定款を使用するからです。手続きを自分でする場合は、定款を作成し公証役場で認証を受けるときに印紙代をとして4万円払わなければいけません。

しかし印紙代は紙で経済的な取引をするときに発生する税金なので、電子文書である電子定款には印紙代が発生しません。そのため代行を依頼したら4万円分の印紙代を節約できるので、自分で手続きを行うよりも会社設立の費用を節約できます。電子定款自体は個人でも作成することは可能ですが、そのためにソフトを購入する必要があるので余計なお金が発生して、コストは高くなってしまうので代行会社に依頼するのがベストです。

もちろん会社設立の費用を節約できるのが、代行会社に依頼するメリットではありません。面倒な手続きの大部分を全てお任せできるので時間を節約することができて、その間は起業の準備に集中して取り組むことができます。会社設立に際して費用と時間の両方を節約できるからこそ、代行会社を利用する人は増えました。今後は自分で手続きをするよりも、安くスピーディーに手続きができる代行会社を利用するのが当たり前になる可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *