これから起業をして株式会社を設立しようと考えている人が、まず考えなければならないのは会社設立にかかるコストのことでしょう。

会社設立のために必要なコストは、大きく分けて3つあります。それは、資本金・法定費用・その他の費用です。それぞれ、最低どのくらいの金額があれば良いのかを一つ一つに分けて見ていきましょう。資本金は、昔は最低でも1、000万円以上が必要でしたが、現在では1円から可能になっています。ただし、その後のビジネスを考えると1円というのは、あまり適切ではありません。

資本金の平均額はおよそ300万円ですが、初期にかかるコストや今後の運転資金や取引先・仕入先の企業規模・消費税の免税期間・創業融資などを考慮して資本金額を決定しましょう。資本金を1、000万円未満に設定すると、消費税の免税業者になることができるなど、様々な特典があります。法的費用は、登録免許税や手数料などのことです。電子定款と紙の定款があり、電子の方が4万円安くすみます。

定款にかかる金額の内訳は電子の場合定款認証手数料が50、000円・印紙代が0円・定款の謄本が300円(保存料謄本を請求すると1部約1、000円)・登録免許税・150、000円かかり、合計すると200、300円~202、000円です。紙の場合は、印紙代の40、000円と定款の謄本が2、000円なので合計242、000円かかります。その他の費用は、電子定款の作成の金額・会社の実印作成の金額・印鑑証明書代(約300円)などがあります。会社設立費用では、これらをなるべく安く抑えることが非常に大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *