美容外科で行う豊胸施術

美容外科では、近年、人気を集めている豊胸施術が有ります。それは、ヒアルロン酸注入による施術です。
これは、その名のとおり、胸にヒアルロン酸を注射器で入れて胸を大きくする方法です。

およそ50ccくらいのヒアルロン酸を注入すると、0.5から1カップ程、胸が大きくなります。
そのため、自分の希望通りの大きさの胸に仕上げることができます。



この豊胸施術の一番のメリットは、安全性が高いことです。

美容外科で使うヒアルロン酸は、人間の体内に元々存在している成分です。

したがって、体の中に注入してもアレルギーの心配もなく安全です。その他にも、豊胸パック施術のようにメスを使用しないので、術後のダウンタイムもないです。

よって、次の日から普段通りの生活ができるのも魅力です。

注射を打つだけなので、痛みや施術が苦手な方でも気軽に行えます。

美容外科に事前の入院、通院も必要ないので、仕事などで忙しい方に最適な方法です。

待望の4meeeのことならこちらをご活用ください。

ヒアルロン酸注入は人気ですが、豊胸前にはちゃんと効果を得るための注意事項があります。

それは、医師とカウンセリングを行い、自分の希望する胸の形、大きさを伝えることです。
というのも、ヒアルロン酸の量で胸の大きさも変わり、注入する場所によって形が変わるからです。

施術を受けたものの、まったく自分の希望通りの胸ではないというケースになる恐れが有ります。

大阪の美容外科サイトで情報を入手してみて下さい。

そうならないように、しっかり医師に伝えておくことが大事です。


その他の注意事項は、ヒアルロン酸による豊胸は2年程度の効果しかないことです。


持続効果を理解した上で、治療を受ける必要が有ります。