鼻の悩み解消のための美容外科治療

鼻の形は人それぞれ違うので、美容整形の方法も違います。

例えば、鼻が低くつぶれてしまっているのを美容外科で解消してもらいたいならば、プロテーゼ隆鼻術という治療方法があります。


プロテアーゼというのは、欠損した部位を補うための人工物のことです。これで高い鼻を作ろうという方法です。
I字型かT字型の医療用プロテーゼを、鼻の一部を切開して埋め込む方法です。


仕上がりの希望によってプロテーゼの形状を変える必要があります。

教えて!gooに関する耳より情報です。

クローズ法という方法では、鼻の内側から手術するので、顔に傷跡が残ってしまう心配がありません。

埋め込んだプロテーゼは半永久的に高い鼻を維持してくれます。

団子鼻や鼻の穴が上向きなのを整形したい人は、糸による隆鼻術があります。



美容外科では糸を使って行う施術が多いですが、鼻も糸を使って整えることができます。
団子鼻の原因は、鼻の中央部と鼻中隔(鼻腔を左右に分けている骨盤)の強度が弱いので、ピンと張った形を維持できないことです。
美容外科では、鼻中隔の強度を高めるために特殊な糸を使ってピンと張らせます。糸は体内で自然に溶けるので、抜糸が不要です。

切開せずに行えるのがメリットで、絶対に切開は嫌という人に適しています。もっと手軽な方法では、ヒアルロン酸注射を使った方法もあります。

素敵な東京の美容外科をわかりやすく説明しています。

美容整形というよりプチ整形で、体を傷つけずに行うことができます。

ヒアルロン酸を鼻に注入して内側から盛り上げることで鼻の形を整えることができます。