美容整形とプチ整形は何が違うのか

美容外科というとメスを使った美容整形ばかりしているイメージがありますが、最近ではメスを使わないプチ整形も人気が出てきています。
プチ整形と美容整形の違いは、メスを使うかどうかです。

プチ整形はメスを使わないので、ダウンタイムがほとんどない、体への負担が少ない、気軽に受けられる、といったメリットがあります。美容整形ではメスを使って皮膚や骨を切開しますが、プチ整形は体にメスを入れないで行うことができます。人気のあるプチ整形は、埋没法による二重まぶた整形、ボトックス注射やヒアルロン酸注射です。
傷跡や副作用の心配が少ないので、翌日から通常通り日常生活を送ることができます。

ただし、プチ整形は定期的なメンテナンスが必要になるというデメリットがあります。

注射系の治療は施術から半年で体内に吸収されて効果がなくなってしまうので、施術直後の状態を維持するには年に2~3回はまた注射を受ける必要があります。
美容整形はメスを使うのでリスクは高いですが、一度行えば半永久的に効果が持続します。



メンテナンスに通わなくて良いというわけではありませんが、プチ整形よりも持続性が高いのがメリットです。

一度に大きく外見を変化させたい人にも有効です。



デメリットは、前述したようにリスクが高いところです。
手術は長時間に及びますし、入院する必要がある手術もあります。
副作用、合併症、術後の痛みや腫れ、などのリスクもあります。


ローリスクローリターンなのがプチ整形、ハイリスクハイリターンなのが美容整形、と覚えておくと良いでしょう。